痛くならない靴|ゴルフウェアをおしゃれに着こなす|レディースは種類が豊富
婦人

ゴルフウェアをおしゃれに着こなす|レディースは種類が豊富

痛くならない靴

ヒール

パンプスにはいろいろなデザインのものがあり、見た目でパンプスを選ぶという人も多いです。しかし、自分に合わないパンプスを購入してしまうと、足を痛める原因になるので注意しましょう。自分に合ったパンプスを選ぶために、選ぶ際のポイントを押さえることが大事です。パンプスを履いていて足が痛くなることは多いですが、痛みを軽減しようと思って足よりも大き目のサイズを選んでしまうことがあります。足になるべく触れないようにすると痛みが少なくなるようなイメージがありますが、足よりも大きなサイズのものはその分靴が動きやすくなり、靴ずれが起こりやすいです。購入のときには試し履きをして、足に対して適したサイズか確認しましょう。しかし、好きなデザインの中には、足より大きめなサイズしかない場合もあります。そうした場合は敷物などでサイズの調節を試みましょう。縦のサイズが合っていることも大切ですが、横幅も足に合っているものを選んでください。幅が広いタイプのものなら安定性が高くなるので、歩くときの負担が減らせます。サイズの他に、構造がしっかりしているか確認することが大切です。パンプスの内部にはシャンクと呼ばれる金具が入っています。これはパンプスをしっかりと支えるための補強として入っているもので、これによって足への負担を減らしているのです。靴を軽く捻ることでシャンクの強度が確かめられます。金具の強度以外には、靴の柔軟性を確認しましょう。前から1/3の位置で曲がるものは歩きやすく、硬すぎても柔らかすぎても足に悪いです。